脱毛と日焼けの関係

脱毛と日焼けというのは、切っても切れない関係にあります。

 

基本的に、日焼けしていると脱毛はできません。

 

肌が日焼けしている場合、サロンやクリニックでは、施術が受けられないところがほとんどです。

 

日焼けした直後の肌は、弱っているので、その状態で脱毛機器の光が当たると、肌トラブルが発生する可能性が高いです。

 

脱毛機器の光は、かなりのパワーがあり、肌に当たると熱が発生します。

 

日焼けした肌は普通の肌よりもダメージを受けているので、そのまま脱毛すると、やけどする恐れもあります。

 

脱毛する場合、日焼けはNGなので、数ヶ月前からUVケアを使用して、日焼けをしないようにしないといけません。

 

日焼けの程度が軽い場合でも、少なくとも2週間くらいは間隔を空けないと施術は受けられません。

 

脱毛機器の光は、黒色に反応する性質があるので、肌が日焼けして黒いと、ムダ毛だけでなく、皮膚にも反応してしまいます。

 

本来なら、ムダ毛にしか反応しない光が、日焼けした肌にも反応してしまうので、肌トラブルを引き起こしやすくなります。

 

日焼けに関しては、脱毛後にも注意が必要です。

 

施術を受けた後は、肌がダメージを受けているので、太陽の光を浴びて日焼けすると、シミができたり、やけどする危険性があります。